営業職:谷崇広

住まいの提案を通じて、人として大きく成長することができました。

谷崇広

店舗アイフルホーム桑名店

職種店長

学歴経営学部

入社入社6年

小規模店舗への異動をキッカケに、営業として手応えをつかめました!

大学在学中に宅建の資格を取得し、不動産や住宅に深い興味を抱くようになりました。実家が農家で、田畑の土地活用を真剣に考える機会があったことも、私の不動産に対する意識を高めたのだと思います。数ある不動産会社、ハウスメーカーの中でアサヒグローバルを選んだ理由は、地元三重での知名度や信頼性が高かったからです。さらに、入社後のスキルが充実していることも魅力的でした。実際に入社してみると、営業スタイルは反響型営業でしたし、営業スキルはもちろん、人間としての素養やメンタルを磨く研修も充実していました。
入社後から現在まで、戸建住宅の営業を担当していますが、入社3年目まではほとんど売れませんでした。しかし転機が訪れました。小規模の店舗に異動したことで、自分が売上を支えなければいけないという意識が芽生え、仕事に対するモチベーションが一気に高まったんです。私は、さまざまなタイプのニーズを持つお客様を想定し、商談のロープレを繰り返し行いました。そして徐々にお客様の信頼を得られるようになり、営業成績を伸ばし、入社6年目で店長に昇格。現在では営業に加え、顧客開拓のために折込チラシやイベントの開催を企画する業務も行っています。

末永く続くお客様との信頼関係。ご家族の歴史に立ち会う仕事です。

私が店長を務める店舗では、月に20組ほどのお客様が新規に来店してくださいます。そのうち2組ほどが1カ月程度で契約されます。お客様がお住まいにお求めになる理想の条件は千差万別で、同じパターンは一つとしてありません。家族構成やライフスタイルによって、住まいに求められる条件や、理想の暮らし方が異なるためです。正直、お客様のご要望に近づけるためにプランをご提案していく過程は簡単ではありませんが、竣工してお引き渡ししてからしばらく経ち、お宅を訪問して、幸せそうに暮らしていらっしゃるご家族を見ると、自分のことのようにうれしく感じます。私たち営業は、アサヒグローバルの社内でもっともお客様と深い絆で結ばれている職種です。お引き渡し後も末永いお付き合いが続き、たとえばお子様の成長を見届けられたときには大きなやりがいがあります。
こうしたお客様との出会いを通じて、私は入社時に比べて、考え方が大きく変わりました。以前は自分のことだけを考えていましたが、経験を重ねていくうちに、お客様や職場の仲間のことを考えるようになっていたんです。この気持ちをいつまでも忘れず、次は大規模店の店長を任せてもらえるように自分を磨いていきたいと思います。

1日の流れ

  • 9:00 環境整備

    出勤後に執務スペースや接客スペースを丁寧に清掃。お客様に気持ち良く過ごしていただけるように快適な空間づくりを心がけています。

  • 10:00 お客様打ち合わせ①

    来店された新規のお客様からご要望などをヒアリング。さらに、住まいづくりで大切にしたいポイントや建築に関する知識などをレクチャーします。

  • 12:00 昼食

  • 13:00 お客様打ち合わせ②

    すでにご契約いただいてるお客様と設計の相談。設計コーディネーターにバトンタッチする前に、間取りや広さなど住まいの基本設計を行い、理想のマイホームの全体像を明確にします。

  • 15:00 お客様打ち合わせ③

    家づくりをご検討されている契約前のお客様と商談。アサヒグローバルならではのメリットや魅力、具体的な見積もりなどをご提示します。

  • 17:00 お客様へのご連絡・事務作業

    施工中のお客様に進捗状況をご報告するほか、各種書類の処理を行います。書類の処理については建築関連の専門知識が求められる場面もありますが、先輩社員が丁寧に指導するので安心です。