施工管理職:内田賢

新卒入社1~3年で他社とは異なる成長の手応えを実感できます。

内田賢

職種施工管理

役職チーフ

学歴教養学部

入社入社7年目

いきなり味わった挫折。その経験が今の成長につながりました。

京都の専門学校と放送大学で建築を学び、2級建築士の資格を取得しました。学生のときから就職先はハウスメーカーと決めていましたし、地元の三重に帰って地元のために仕事がしたいと思っていたので、アサヒグローバルを志望しました。地元での知名度や信頼性が高く、転勤がないことも魅力でしたね。入社後は、一貫して木造戸建住宅の施工管理を担当しています。入社2年目からは一つの現場を一人で任されるようになったものの、最初のころは工事の進捗状況について施主様にうまく説明できず、不安を与えてしまったんです。こうした経験から自信を持って自分で施工管理を完結できるようになるためにスキルアップに励みました。それ以来、施主様の質問に対してわかりやすく丁寧にお答えすることを心がけ、信頼していただけるようになりました。自ら改善方法を考え、上司や先輩だけでなく、協力会社の職人さんにも技術的なことを教えてもらった貪欲な姿勢が成長につながったと思います。

目標は尽きない。住まいづくりのさらなる高みに挑戦していきます。

私たちの仕事は、工程管理と施主様への説明がメインです。工程管理には、協力会社の職人さんの手配、スケジュールの作成、施主様のご要望に応じた工事の見直しなどが含まれます。一方の施主様への説明では、単なる状況報告ではなく、設計段階で打ち合わせた内容の最終確認をしていただくようにしています。たとえば電気の配線を施工する日には、施主様に立ち会っていただき、生活動線やスイッチの位置などを確認していただきます。もし実際の空間を見たことで配線の変更を希望された場合は、可能な範囲で設計変更します。このように、施主様の暮らしやすさを第一に考えた施工を行うことも私たちの使命の一つです。
アサヒグローバルの施工管理は裁量が大きく、早期から責任ある仕事を任せられます。そのスピードに新卒入社の社員たちは毎年驚いていますが、早く成長したいならアサヒグローバルが一番の職場です。他社の新卒1~3年目とは明らかに異なる大きな手応えを感じることでしょう。私自身も20代で管理職を任されるようになりました。しかし目標はまだまだ上にあります。次は建築施工管理技士の資格を取得して、鉄骨コンクリートの施工管理にも挑戦したいですね。ただ与えられた業務をこなすのではなく、自ら新しい領域にチャレンジしたいと思える。それがアサヒグローバルというフィールドだと思います。

1日の流れ

  • 8:30 出社・設計チームのミーティング

    チームメンバー各自の一日の行動を本人と一緒に確認。工事の円滑な遂行のために注意点を指示するほか、連絡事項などを共有します。

  • 9:00 店舗全体の朝礼

    営業や設計など他部署のメンバーと情報共有を行います。より完成度の高い住まいを実現するために、社内が一丸となって協調するための大切な時間です。

  • 9:30 現場で施工管理・メンテナンス訪問

    チームメンバー各自が担当する施工現場に出向きます。工事が予定通りに進んでいるかを確認するのはもちろん、一つひとつの工程をチェックしながら品質に問題ないかを丁寧にチェックします。引渡後のメンテナンスにお伺いします。

  • 17:00 帰社・工程管理

    施工予定の案件について協力会社の手配などを行います。天候によっては工程が延期される場合もあり、臨機応変にスケジュールを立て直すスキルが養われます。
    その他、書類整理・事務作業など。

  • 18:00 お客様への連絡

    各工程の進捗状況を報告したり、施工現場で説明するために立ち会いの日時を決めたりします。

  • 18:30 退社

    現場によっては直行・直帰も可能です。有給休暇などの取得もしやすく、一人に負担が偏らないように配慮しています。